女性と酒を飲むときに知っておきたいマナーや心構えについて解説

デート・恋愛

女性との食事デートでは、酒を飲む機会は多くなるだろう。
酒はその場の雰囲気を和ませ、2人の距離を縮める最高のプロセスだ。
特にまだ親しくなっていない女性と楽しい食事をするのならば、酒の力を有効利用することは必須だと言ってもいい。

ただし、女性と酒を飲むときには、相手を楽しませるためのマナーや心構えを知らなければならない。
マナーや心構えを知らずに、無頼漢のように酒を飲むような男は、食事の段階で女性から幻滅されるだろう。

「マナーや心構えなんて知らないよ……」と落ち込んだ君、安心してほしい!
女性との飲酒で求められるマナーや心構えは、今からでも十分に身に付けられる。
次の食事デートを最高のマナーと心構えで迎えるために、さっそく勉強をはじめよう!

勝負は店選びからはじまっている!

マナーや心構えは、実は店選びの段階からはじまっている。
店選びに失敗すれば、その後どれだけ努力をしても、女性を楽しませることは難しくなるだろう。
女性と一対一で酒を飲むときの店選びの基準から、まずは知るべきなのだ。

とにかく清潔感が大事

女性と酒を飲む場所を決めるときには、まず清潔感を重視するんだ。
綺麗でおしゃれな内装を施した店であれば、女性もリラックスして酒を楽しめるだろう。
また、昨今はコロナウィルスへの警戒の意味も含まれている。
「徹底した対策を取っている店を選んだ」という安心感を与えることも、女性と酒を楽しむポイントだ。

勘違いして欲しくないが、私はちょっと汚れのある味のある店も大好きだ。
ただ、そういった店を女性とのデートで使おうとは思わない。初めて食事をする女性であればなおさらだ。
女性とのデートという目的に合わせるなら、やはり清潔感は重視していきたい。

酒のメニューが豊富な店を選ぶ

女性の酒の趣味がわからない場合には、なるべく酒のメニューが多い店を選んでほしい。
どの店にもビールやサワーはあるだろうが、それだけでは満足しない女性も多い。
女性が主体的に酒を楽しめるようにするためにも、いろいろなメニューがある店を優先すべきだ。

横並びの席が良い雰囲気を作る!

女性と酒を飲むときには、ぜひカウンター席やカップル席のような「横並び」の店を使おう。
横並びだと自然と体の距離が近くなり、軽いボディタッチもしやすい。

目を合わせずに話ができるので、シャイな人にもおすすめだ。
デートが決まっているのなら、横並びの席を予約してみてはどうだろうか?

自由を重んじることを意識する

女性と酒を飲むときには、「自由」を意識することがマナーになる。
酒は人の心を開放的にし、緊張と遠慮を取り除いてくれるものだ。
そこに不自由が入り込めば、一気に場はしらけてしまう。
自分はもちろん、相手の女性の自由を尊重することが、酒の席でのマナーの基本だろう。

無理強いは絶対にしない

女性と酒を飲むとき、絶対に避けるべきなのが無理強い、つまりは「強制」だ。
酒をもっと飲むことを勧めたり、注文するお酒を勝手に決めてはいけない。
親切心であったとしても、女性は自分の自由が迫害されたと感じて、面白い気持ちが萎えてしまう可能性がある。

自分の好き勝手に女性を連れ回して、自分の話したいことだけを話し、女性からの反論を何ひとつ許さない男をイメージしてほしい。
酒の席での無理強いは、そんなやつと近い性質がある。

もちろんそんなやつは、男としてのランクが下の下なことは明白だ。
だからこそ女性への無理強いは、絶対に避けるようにしてほしい。

自由を妨げるNGセリフ集

自分でも知らないうちに、女性の自由を侵害していることは意外と多い。
特にこんな言い回しは、酒の席でのNGセリフとなる。

・グラス全然減ってないよ?
・(自分の酒を指して)このお酒美味しいよ。飲んでみる?
・お酒強いね。もういっぱい飲む?
・お酒嫌い?あんまり飲んでないみたいだから。

こういったセリフは何気なく言ったとしても、女性は強制されたと感じて不快になることが考えられる。
無理に酔わせようとしているのでは?と、下心を疑われることもあるだろう。

人によって酒を飲むペースがあり、早くたくさん飲めば良いということではない。
知らないうちに強制しないように、上記のNGセリフは事前に知っておいてほしい。

女性と2人きりで酒を飲むときは「短くて濃い時間」を目指す

女性と2人で酒を飲むのなら、男としては「短くて濃い時間」を実現したい。
「どうして?」と思うかもしれないな。
確かに、楽しい食事になるほど「できるだけ長く一緒にいたい」と望むものだろう。その気持ちはよくわかる。

しかし、楽しい食事でも時間をかけるとダレてしまい、最終的には「なんか無駄に長いだけだった」という評価に落ち着く可能性がある。
特に女性は終電などの問題で、後半になるほど意識が散漫になり、退屈を感じやすくなるだろう。
だからこそ、女性との食事ではだらだらと時間をかけるのではなく、短くて濃い時間が求められるのだ。

短時間で切り上げることは「次」につながる

短時間で食事を切り上げると、「次」につながりやすいというメリットがある。
お互いに楽しんでいるうちにあえて切り上げてしまうことで、女性の心に「物足りなさ」と残すことができる。
それは相手に「またあいたい」と思わせ、次の濃い(恋)時間を作るきっかけになるだろう。
ダジャレは見逃してくれていい。

予告で最後まで内容を見せる映画がないように、最初の食事で全ての会話を終わらせる必要はない。
「今〇〇をしていて、来週には結果が出るんだ」と伏線をはって、次の食事で回収するようなテクニックを意識することもおすすめだ。
その日の食事だけでなく、次の食事も視野に入れていくことが、女性を楽しませる心構えになることは覚えておこう。

「長く酒を飲む=上手くいった」という認識を捨てる

 

「長く酒を飲む=上手くいった」という認識は、女性とのデートでは捨て去ってもらいたい。
現代の社会で生産性が重視されているように、デートもまた時間効率が重要だ。
むしろ「短時間で女性を楽しませることができた」ということを、誇りにしてもらいたい。

短い時間で楽しませる感覚がわかれば、デートに誘う自信がもつく。
自信がつけばデート中の会話や振る舞いにも変化が出て、女性をより楽しませることができるだろう。

無駄に時間をかけて成果を挙げる男が評価される時代は、もう終わったと言ってもいい。
これからは、いかに楽しい状態で締めるのかを考える時代なのだ。

酒の飲み過ぎが招く悲劇を理解しておく

緊張や美味しさのせいで、酒を飲み過ぎることはある。
しかし、飲み過ぎは基本的に悪い結果しか招かないだろう。
もちろん、私にも経験がある。だから言えるのだ。

酔った席での失言や節度のない行動が、女性との関係を壊したという事例は枚挙にいとまがない。
最悪、セクハラ問題などに発生することもあり得るだろう。
そうなれば、女性と次の食事など考えている場合ではなくなってしまう。

自分の飲める範囲を把握し、その境界線を超えることのないように意識することは基本マナーだ。

たとえ酒に酔わない自信があっても量をセーブする


人によっては、酒を飲んでも全く酔わないという人もいるかもしれない。
しかし、その多くは幻想で、側から見ると普段とは全然違う人間になっていることも珍しくない。
だからたとえ酒に強いという自負があるとしても、飲みすぎることは避けてほしい。
女性と酒を飲むのなら、その意識はなおさら必要だ。

酒を飲むことが目的なのか、女性と楽しく食事をすることが目的なのかを、今一度考えてほしい。
酒を飲むためなら、多少の飲み過ぎもご愛嬌かもしれない。
だが女性と楽しく食事をしたいのなら、飲み過ぎはただの失敗だ。
そういった目的の違いを、デート前にしっかりと理解しておこう。

普段酒を飲まない人は事前に「慣らし飲み」を試す

あまり酒を楽しまない人は、デート前に「慣らし飲み」をすることをおすすめしたい。
慣らし飲みといっても難しいことはない。ただデートの数日前から酒を飲むだけのことだ。

少しずつ体にアルコールを馴染ませることで、自分がどれくらいで酔うのかがわかってくるだろう。
それを基準にできれば、デート中でも酒をセーブしやすくなる。

デート当日が久しぶりの酒になると、つい楽しくなって飲み過ぎる危険がある。
「たまにはいいか」という気持ちの緩みが起き、酔って失敗するというのはよくあるパターンだ。
自宅で飲むか、友人などに手伝ってもらい、慣らし飲みを試してみてほしい。

女性側の気遣いやマナーも理解する

意外と盲点になるが、女性側にも酒を飲む際の気遣いやマナーが存在する。
そのため相手の女性によっては、その気遣いやマナーを実践するために勉強してきている可能性があるのだ。

その点を理解していないと、女性の行動の意味を知らないうちにスルーしてしまうだろう。
相手によっては、「せっかく気を遣ってあげたのに」と呆れられるかもしれない。

女性の気遣いに反応することは、モテるためのテクニックでもある。
酒の席で女性の気を引くためにも、相手側の気遣いやマナーにも注目していきたい。

お酌をしてくれたら笑顔で受け入れる

女性に関する酒の気遣いで、もっともポピュラーなのがお酌だ。
日本酒や瓶でビールを飲む場合には、お酌をしてもらう機会もあるだろう。
つい悪い気がして断ってしまいがちだが、相手が進んでお酌をしてくれるのであれば、それを受け入れることが望ましい。
笑顔で「ありがとう」「気が利くね」などと付け加えれば、ほぼ満点のリアクションだろう。

できるなら、その後にタイミングを見て相手にお酌を返すこともありだ。
ただし、先にも紹介したように、強制的に酒を勧めることはNGだぞ。

さらに、もう飲めないときにはお酌を断ることもポイントだ。
無理してお酌を受け入れると、どうしても飲み過ぎにつながってしまう。
女性の気遣いを受け入れつつ、自分の限界を冷静に観察することも、ひとつの心構えだろう。

気遣いを褒めて相手を立てる

もし女性側が積極的にこちらを気遣ってくれるようなタイプなら、褒めて相手を立てることを意識したい。
「手際がいいよね」「気遣ってくれて助かるよ」と、言葉は少なくてもいいから相手を褒めてみるといいだろう。
相手の行動の意味に気づいていることが伝われば、女性からの信頼感を高められる。
逆に女性の気遣いを当たり前のものと感じて、店員のように扱うことがあれば、以降連絡が取れなくなる可能性もあるだろう。

女性が飲み過ぎていないかを意識して観察する

相手の女性が飲み過ぎていないか観察することも、一対一で酒を飲むときに意識したいポイントだ。
食事が楽しくなると、女性もまたつい酒が進みやすくなり、酔う可能性が出てくる。
楽しんでもらえているのならそれは光栄なことだが、酔い潰れるようなことがあれば台無しになってしまう。
女性が飲み過ぎないように支えることも、男性の重要な役割になるだろう。

ちなみに私は、女性が飲み過ぎそうなときには食事や会話を積極的に挟み込むようにしている。
そんなときに役立っているのが、手相の知識だ。
手相の話をして手を見せてもらう流れができれば、自然と女性が酒を飲むタイミングを制限できる。
みんなも自分の知識や特技を活かして、女性の飲み過ぎをコントロールする方法を編み出してみてほしい。

女性は男性よりも酔いやすい?

とある話によると、女性は男性よりも酒に酔いやすいことが多いらしい。
肝臓が小さくてアルコールを分解できる量が少なかったり、血液量が少ないため血中アルコール濃度が高くなりやすいといったことが、理由になっているようだ。

もちろん個人差はあるが、女性が自分と同じペースで飲んでいるときでも、飲み過ぎには注意してあげるといいだろう。

参考:https://www.mylohas.net/2019/12/203976diet_alcohol.html

支払いをスマートに終わらせることも意識して 支払いは女性の目が届かないところで終わらせることは基本。それでいて他にも注意するべきことがある。

支払いをスマートに終わらせることも意識しよう

「終わり良ければ全て良し」という言葉どおり、女性とのデートもまた最後の締めが重要だ。
支払いをスマートに終わらせられるかどうかで、その日の評価が変わることもあるだろう。

「何を当たり前のことを……」と思うかもしれないが、酔っていると意外と支払い方法がいい加減になってしまうものだ。
事前に支払いの手順やポイントを頭の中でシミュレートしておくことで、支払い時の失敗は避けやすくなるだろう。

行動を最小限にして支払うとかっこいい

支払い時に意識したいのが、「行動を最小限にする」ことだ。
クレジットカードをビシッと提示するだけ、キャッシュレスでスマホをかざすだけ。
そういった形で無駄な行動を省くと、とてもかっこよく見えるだろう。

小銭入れをいつまでも探っていたり、クーポンを使ったりすると、「お金を払うのが嫌なのかな」と思われてしまうかもしれない。
気持ちよく支払っていることをアピールできるように、最小限の支払い方法を実践するのがおすすめだ。

割り勘になったときには現金以外の方法を考える

相手の女性によっては、奢られるのを拒否して割り勘を提案するかもしれない。
もちろんどこまでもこちらが払う気持ちでいるべきだが、女性側が引き下がらない場合には、現金以外の方法を考えるといいだろう。

たとえば「今度〇〇を奢ってよ(食事の会計よりずっと安いもの)」「また飲みに付き合ってくれればいいよ」と、条件を提示するのがコツだ。
このような条件交渉は女性とのつながりを維持できるので、男性側にもメリットがある。
間違っても「割り勘でいいなんてラッキー!」と思わずに、より大きなチャンスにつなげることを意識してほしい。

まとめ:マナーと心構えが女性との酒をより楽しくする!

女性との酒を含めた食事は、最高の時間のひとつだろう。
だからこそ、その最高の時間を壊さないように、マナーと心構えについて勉強しておくことが重要だ。

自分だけでなく、相手を楽しませることにもつながるので、この機会に基本的な内容はこちらでチェックしておいてほしい。
食事が少しでも楽しくなったり、女性と酒を飲む機会が増えたりするようなことになれば、私としても幸いだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました