転職の決断に悩む子羊ちゃんに読んで欲しい転職のリアル

カフェで転職に悩みつつ仕事をするビジネスマン ライフスタイル

誰でも一度くらい思った事があるだろう「転職しようかな・・・。」と。それでいて一歩踏み出せずズルズルとやりたくも無い仕事を続けている者が大半だと思う。

この記事では多くの人が抱える転職理由、転職のデメリット、転職をしないほうが良い人の特徴などを紹介した上で、それでも「やっぱり転職したい!」と言う人に向けて心構えと覚悟を伝えるものだ。

転職理由は大きく分けて5つある

会社の為に生きているんじゃない。会社を利用してやれ。

転職にもいくつか種類がある、導入文で伝えたのはどちらかと言えば逃げるように会社を去りたい「後ろ向きな理由」での転職だ。

その反対で、辞めた上で次を見据えている「前向きな理由」での転職もある。まずは多くの人が抱える転職理由を5つ紹介する。

1.他にやりたい仕事がある

そもそも人生設計がしっかりしており、ゆくゆくは挑戦したい仕事があって今の仕事はキャリアやスキルを磨く為の踏み台という「最初から転職ありき」のパターン。

または仕事をしていくうちに他にやりたいことが見つかるという「心変わり」パターンが挙げられる。これらは前述した「前向きな理由」での転職であり、明確な目的がある分こういう人は転職への熱意が強く成功しやすい。

2.会社の将来性が不安

世の中は絶えず変わっていくものだ。世の中のニーズに応えられない、またはニーズに合わせて環境を変える事の出来ない会社は淘汰されていくのが現代社会だ。

だからこそ赤字の続く会社もあるだろうし、先行きが不透明で不安な会社もあるだろう。また、会社のモラルが低い、規則がいい加減、パワハラ、セクハラなどの問題を孕んでいる会社も少なくない。

転職の理由としては必要にして充分だ。

3.残業が多い&休日に休めない

これも代表的な転職理由の一つだ。かく言う私もこれを理由に転職した経験がある。

当たり前の様なサービス残業、過重労働。休日出勤が多く、プライベートの時間が確保できないと言う待遇面によるもの。経験した私から敢えて言わせてもらうなら『時は金なり』だ。

ただ辛いから、キツいからという逃げの転職理由と混同されがちだが、全ての人間にはそれぞれ限られた時間しか与えられていない。

その限られた時間をどのように使うのかと言う事を考えた結果の転職理由であってほしいと思う。

4.専門知識・技術を持ちたい

入った会社はルーティンワークばかり。手に職がつかない、先が見えない。時間だけをただただ消費しているのが苦痛と言うパターンだな。

仕事に対する充実感が皆無なんだろう。いくら事前に調べていたとしても実際にその会社で働いてみなければ職務内容までは見えてこないものだ。

それこそ部下は上司は選べないから、上司のせいで充実感ややり甲斐が阻害されている可能性だってある。

5.給与が少ない

これにはある程度労働者側にも責任はあると思うがな。会社を選ぶ時点、その労働条件で契約を取り交わした時点で内容はわかっているのだから。

給与が少ない、生活が成り立たないのを転職理由にするのは甘えだと私は思うぞ。一考すべきは「昇給できない」「昇給の見込みが全く無い」と言う労働者だな。

これに関しては会社の体質や仕組みを見極めた上で判断する必要があるだろう。

転職することで起こりうるデメリット4つ

そこはかとなく感じるデメリット

転職理由が前向き、後ろ向きに関わらず、転職にはリスクがつきものだ。勢いで辞めてしまってから気づいても後の祭り。事前に転職によって起こりうるデメリットについては把握しておくべきだ。

1.収入が減る可能性がある

異職種や異業界への転職、今までの職歴が活かせない転職の場合は給与が下がる可能性は高い。

また、退職手続きや手順、退職時期を考えないとボーナスをもらい損ねたり、退職金・企業年金などが在籍期間が短く貰えない可能性まである。

先ほど私は『時は金なり』と言った。だが、金は大切。貰える金を捨ててしまうのは愚の骨頂だし、権利は最大限に行使するべきだ。

その上で自分のライフプランと相談し折り合いがつくのであれば収入の低下を厭わない転職もアリだと私は思う。

2.ローン審査が不利になることがある

住宅ローンなど高額なローンになればなるほどその傾向は見られる。ローン審査で重視されるのは勤続年数だからだ。

もし予定があるのならローン審査を通し実行されてからの退職も視野に入れた方が良いだろう。さらに付言すると、現在大企業や上場企業に勤めているなら尚更そういった手続きは早い方が良い。企業のブランド力は権利として行使しよう。

逆に中小企業から上場企業へのキャリアアップやヘッドハンティングの場合は勤続年数が関係なく審査が通ることもあるからやはり大事な所だ。

3.上司が年下になる可能性がある

当たり前といえば当たり前なんだがな。年下の上司にとやかく言われて己のプライドが傷つくくらいなら、そもそも転職には向かない。

お互い意見が言いづらく気を遣い過ぎてギクシャクしてしまうし、結果的に居心地が悪く再転職の可能性まである。

年功序列の会社から成果主義の会社への転職だと、あまりのギャップに苦しむこともある。

4.福利厚生の待遇が不利になる

有休日数なんかは年数によって日数が増えていくものだから最たるものだな。その他にも会社によっては持株会、リフレッシュ休暇などの制度は勤続年数が影響するものも多い。

勤続○年毎の表彰なんかもあるかもしれないな。その辺のデメリットは理解しておくべきだ。

転職しないほうが良い人の特徴4つ

働きながら転職活動をするおじさん

年下の上司からの指導を受け入れられないようなプライドの高い人はそもそも転職に向かない事は先述した。そのようにそもそも転職しない方が良い人、転職に向かない人には明確な特徴がある。

以下に挙げておくから自分が当てはまると思うような人は今の会社に就職できている事を感謝し、真面目に勤め上げる事をおすすめする。

1.現職で全く成果が出せていない人

第二新卒などであれば別だが、転職で求められるのは即戦力だ。転職してくる時点で新卒との間には雲泥の差があり、求められる物が全く違うという事を理解してほしい。

アピール材料がない人をそもそも企業は欲しいと思わない。

2.不満や課題の改善のために取り組めない人

今、何かを不満に思って転職したいと考えているのに、そもそも今の会社内で何も行動を起こせていない人は転職には向かない。

会社内の環境に不満や問題があって転職を希望しているのなら、まずその環境改善をしようとしたのか。自分に問題があるのならばスキルアップを試みたのか。

新卒と違って中途採用の風当たりは強い。面接の中で退職理由について厳しく問われる事もあるだろう。その時に何もせず不満だけで退職した人間を採用しようと思うか?

  • 転職しても不満だけを訴えて辞めそうだな
  • 仕事への問題意識、解決能力も低そうだな

と言った烙印を押されてさようならだ。

3.転職すれば全ての問題が解決されて幸せになれると思っている人

誰でも隣の芝生は青く見えるものだが、転職は夢ではなく紛れも無い現実だ。おそらく新卒の時よりも環境に適応するのも大変だろうし、社を挙げてのウェルカム体制などまず無い。

転職とは今まで年月を経て構築した関係や育てた環境を失い、それと同じくらいの努力をする覚悟をもって新しい環境に飛び込むことだ。

転職して実現したいことと、妥協しても良いことを考える事が出来ないドリーマーは転職に向かない。

4.他責思考の人

「会社が○○だから悪い」「上司が○○だから悪い」という人を企業は欲しいと思わない。つまり採用されない。環境のせいにする人は環境が変わってもまた環境のせいにして辞める。

その都度条件の低い会社にしか採用されず、どんどん収入が減る未来しか見えない。自分の商品価値を自分で下げ続けるだけだ。

それでも転職したい!失敗しない転職を実現するための最低限の心構え3つ

成功者が必ず持つと言われているsuccess画像

ここまで読んでも「それでも転職したい!」と言う覚悟がある諸君。いいだろう。その転職が失敗しない様に最低限の心構えとして伝えておきたい事が3つある。

むしろここからが一番重要な所だ、本当に自分に転職する覚悟があり、自身に価値があるのか判断する材料にしてくれ。

1.しっかりと自己分析をして「市場価値」と「優先順位」を明確にする

他責思考で転職を繰り返す人は商品価値が下がり続けると先述した。言い方は悪いが会社は君達を労働力として『買う』んだ。その視点で会社は君達に生涯賃金を支払う価値があるのか判断する。

まず、自分は転職市場においてどのくらい価値があるのか。強みややりたいことを明確にしアピール材料がなければ企業は見向きもしない。

市場価値を正確に計るには自己分析が重要になる。今自分は何を望んで転職活動をするのか、自分の中での優先順位を明確にし、どこは妥協できてどこは譲れないのか。

仕事内容、雇用形態、給料、勤務地、勤務時間、企業規模、社風など。

新卒の時以上に企業研究しないといけないな。

2.家族・パートナーにしっかりと話す

転職は自分だけの問題ではない、家族がいる場合は早めに相談しよう。最初の面接官は家族だと言っても過言ではない。家族にとっては最悪無職、無休になって生活が出来なくなるリスクすらあるのだから。

転職する理由、転職するメリット、上手くいかなかったらどうするか、転職活動の方法、転職活動の状況、転職活動の期限などしっかり話し合わなければならない。

もちろん2つ返事で了承されるケースなど少ないだろう。最初はおそらく反対される。私もそうだった。

だが明確なビジョンがあって、給料が今よりも上がるならば許してくれるだろう。給料が上がればな・・・。

3.転職前にある程度の貯金をしておく

退職してから転職活動する場合、すぐに失業保険がもらえる訳ではないし、すぐに転職先が見つかる訳ではない。もちろん再就職までの転職活動資金や生活費は貯金から捻出する必要がある。

例えば君に今100万円の貯金があり月の生活費が20万ちょっとだとする。その状態で転職活動が何か月継続出来るか?

あるアンケートでは転職活動費は8万円以上かかると言う統計が出ている。答えは明確だ、100万円の貯金は転職活動が4カ月を過ぎれば底を付く。そこまでちゃんと計算しているか?

金銭的な焦りは視野を狭めてしまい、早く就職しなければと言う考えは会社選びにも悪影響を及ぼす。最悪、妥協した再就職で給料大幅ダウンなんてこともありうる。

だからこそ転職活動の期限を区切るというのは重要なんだ。

転職するも、残るも、大切なのは「覚悟」だ

スカイダイビング

会社に見切りをつけて転職活動をするのも、今の会社に改善点を見出し活動するのも諸君自身だ。環境を変えたければ、そのおかしな環境に気づいた者が取り組まなければ現実は変わらない。

覚悟を持って環境改善に取り組むことで道が見えてくる。その取り組む場所が内(慣れ親しんだ環境)か外(新しい環境)かという違いだけだ。

まとめ

ここまで読んでいただいた聡明な諸君はお気づきだろうが、転職に裏技などない。だからこそ通り一遍の当たり前の事しか書いていないつもりだ。ただ勢いで何の考えや準備も無く今の環境を捨てる事だけは絶対にしない方が良い。

転職する事によるメリットデメリットを客観的に見つめ(その為に第三者である家族への相談は必須だ)、自分は何を求め(優先順位)どんなビジョン(転職するしないに関わらず)を持って仕事をしていくのか、その為に自分は何が出来るのか(自分の価値)、何をするべきなのか(自己啓発、環境改善への覚悟と取り組み)。

そこまで考えれば自分が今の会社に残って行動を起こすべきなのか、しっかり準備や貯えをした上で転職に向けて行動を起こすべきなのかが見えてくるはずだ。この記事が「人間的に成長し続けられる環境」に身をおける一助を担えればと思う。

健闘を祈る!

コメント

タイトルとURLをコピーしました